■報道を目にして

2019 年11月、真岡市のアパートで、 会社員の 21 歳の女性が殺害されたという事件 や、 2021年8 月の宇都宮市内のコンピニのアルバイト店員の45歳 の女性が殺害されたという痛ましい事件が県内でも現実として発生しています。いずれの事件も、理不尽で悲参極まりないものでありこのような事件は、二度と起こらないように願うしかありません。しかし、ここ数年来、男女間の別れ話に端を発した同様の事件を耳にしてきました。スマホ時代という社会は、便利さと引き換えに、対人関係でのコミュニケーションをうまくとれない人た ちや、感情の抑制ができない人たちが増えているともいわれていま す。このような事件は、 現代においては決して 「対岸の火事」ではないのです。誰もが感情のもつれによって 、 理 性。感情の抑制というプレーキが外れて 、カッとなりこのような事件に遭遇してしまう可能性があるのです。 そのためには、例えば 「普段から真面ビで穏やかな人だから・・・」と安易に考えるのではなく「感情のもつれの恐ろしさ」という認識をもって最善な方法を選択しなくてはならないのです。

■GK探偵事務所は、警備業(第4号・身辺警護)の認可を 2006 年に受けています。 これにより、ストーカー行為に対しての「証拠収集」に併せて依頼人の「ポディーガード」を行うことができる、全国でも数少ない探偵であり、これまでさまざまな事案を取り扱ってきました。

◇実例◇

〇夫のDVにより、離婚裁判をしているが、恐怖で証言ができない。裁判の帰りに、後をつけて届住先(シェルター等)を探し出すと脅されている。(証言の付き添い・シェルターまでの送り)

〇別居・裁判を経てようやく離婚をすることができたが、怖くて荷物を収りに行けない。(ポディーガードが引っ越し業者のユニホームを着て潜入し妻と共に引っ越しに立ち会った)

〇妻の浮気相手と対峙したい。その他、警察や弁護士でも取り扱ってもらえない、さまざまなトラプル。

■GKのボディーガードは、元警察官・空手の師範・少林寺拳法の有段者等が所属しており、警備業(身辺警護)としての役割を担っています。また、弁護士のネットワークや警察 OBとも連携し、会社・個人を問わず、 問題や不安の解決に向けて共に考えていきます。警察には相談しにくいと感じている方も、まずは、GKにご相談ください。必要に応じて芸察署へ同行する等不安な方に寄り添います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。